ダイヤ買取

ダイヤ買取

今、ダイヤモンドが売却におすすめな時期ということをご存じでしょうか?
このページではダイヤモンド売却に関するお得情報をご紹介いたします。

なぜ今ダイヤモンドを売るべきなの?

・ダイヤモンドの価格が高騰しているから

まず、これまでのダイヤモンド世界シェアのうち、約30%がロシアで採掘されたものでした。
しかしロシアは現在、ウクライナ侵攻によって世界各国から制裁を受けており、ダイヤモンド市場にも影響が出ています。

ロシアのダイヤモンドの約9割を採掘しており、世界最大のダイヤモンド採掘会社でもある「アルロサ」が2022年4月にアメリカの制裁対象となりました。
つまり、今まで流通していたダイヤモンドの約30%のほとんどが流通を制限されることになったのです。

ダイヤモンド世界シェア

さらに「アルロサ」は、大手高級ブランドからの圧力によって、世界的なジュエリー協議会からも脱退しています。
これらの理由によってダイヤモンドの流通量が減少しているため、価格が高騰しているのです。

また、ダイヤモンドのイメージが強い国といえばインドですよね。
インドはダイヤモンドのカットや研磨を行っている国で、世界で流通しているダイヤモンドの約95%を加工しています。
輸入する際は加工国から輸入するため、法律的には「インド産」のダイヤモンドが流通していることが多いのです。

さらにインドは経済成長にともなう所得増で、世界3位のダイヤモンド市場を有しています。
今後の経済成長によって、向こう10年でダイヤモンド需要がさらに高まると言われています。

・天然ダイヤモンドの価値が下がる可能性があるから

地球深部で何億年という長い歳月をかけて生まれる結晶が天然ダイヤモンド。
だからこそ希少で、長く多くの人々に愛されてきました。

しかし今、科学技術の進歩によって、合成ダイヤモンドの技術が進歩しています。
合成ダイヤモンドとは、ダイヤモンドと同じ性質の鉱石を、人工的に作り出された環境下に置くことでダイヤモンドの結晶へと成長させたものです。
合成ダイヤモンドに使われる類似石の代表例はキュービックジルコニアやモアッサナイトなど。
それらを温度や圧力などを調整した環境に置くことで、短期間で合成ダイヤモンドを作り出すことができます。

キュービックジルコニア
モアッサナイト

合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドよりも安価でありながら、遜色ない美しさを持っています。
実際に身につけて楽しみたい層からは、より安価に宝石を身につけることができるため需要が高まっています。

また、天然ダイヤモンドの採掘よりも合成ダイヤモンドの生成によるCO2排出量が少ないことから、低環境負荷であることも注目されています。
これらの理由により合成ダイヤモンドが普及していくと、天然ダイヤモンドの需要が低くなり価値が下がる可能性があります。
だからこそダイヤモンドの価値が高い今、売却を検討する方が増えているのです。

・再び眠らせてしまう可能性が高いから

ダイヤモンドに限らず、お片付けや遺品整理の際に宝飾品を売却しなかった方で、その後身につけることもリメイクすることもなかった方が約95%いらっしゃいます。(当社調べ)

思い入れのある品物であればあるほど、手元に置いておきたいと思うのは当然のことです。
ただ、実際にお片付けや遺品整理をした方の実情に目を向けると、お片付け後に査定を希望される方が多いのです。
想いてでも、一度お片付けや遺品整理を終えられてしばらくしてから、「やっぱり査定してもらえますか?」というお問合せを多くいただいております。

ダイヤモンドのその後

そのようなお客様に、なぜ再度ご連絡をいただいたのかお伺いすると、次のような理由を挙げられます。

  • しまいこんでおくよりも、売却して旅行にいくことにした
  • お孫様やお子様のために使うことにした

このような実際のお声からも、お片付けや遺品整理と一緒に売却を検討いただくことをおすすめしております。

なぜ想いてにダイヤモンドを売るべきなの?

・しっかりとしたダイヤモンドの査定ができるから

私たちは遺品整理を行う中で、大小様々なダイヤモンドを査定してまいりました。
1カラット以上のダイヤモンドを年間30点以上買取させていただいております。
また、小さなものも含めると、ダイヤモンド付きのアクセサリーは年間1,000点以上の買取実績があります。

その実績の裏には、しっかりと想いに寄り添う遺品整理士・査定員が揃っているという強みがあります。
お客様の想いにしっかりと耳を傾け、お客様にとって最善の方法をご提案することがベースにあるからこそ、信頼してお売りいただけているのだと思います。
誠実に、正しい価値でお買取するのが、想いてのダイヤモンド買取です。

・細かなダイヤモンドまでしっかりと価値をつけるから

メレーダイヤと呼ばれる0.3〜0.2カラット未満の小さなダイヤモンドがあります。
脇石や飾り石としてメインとなる宝石の周りに使われることが多く、小さなダイヤモンドが並ぶことできらめきやゴージャス感を楽しむことができます。
また、メレーダイヤを使ったインビジブルセッティングという技術で、表面から爪が見えないような作りをしているジュエリーもあります。

メレーダイヤの使われ方

メレーダイヤはその小ささから、再度市場に戻る際の研磨や洗浄に手間がかかるため、ダイヤモンド買取を取り扱っている業者の中には、メレーダイヤは対象外という場合があります。
しかし、想いてではそのようなダイヤモンドでもしっかりと考慮した査定額をお出ししています。
他社で価値をつけてもらえなかったメレーダイヤも、私たちにお任せください。

・販路が豊富で高価買取が可能だから

当社は元々リサイクルショップからスタートしています。
事業開始から継続して取り組んでいるのが、可能な限りの高価買取をすること。
そして、それを実現するために築いてきた、国内外を問わない豊富な販路があります。

ダイヤモンドに限定すると、ダイヤモンドの聖地 東京・御徒町で活躍するダイヤモンド専門バイヤーとの長年の取引があります。
前述した通り、経済成長による所得増でダイヤモンドの需要が高まっているインド人市場や、富裕層の多い中国人市場を販売先に持つバイヤー様ですので、高値でのやり取りが可能です。

私たちが高値で売却できるということは、お客様から高価買取できるということ。
高価売却できるという確信があるからこそ、正しい価値のご提示ができるのです。

他社との比較

わかりやすいダイヤモンドの査定方法

・しっかりとしたダイヤモンドの査定ができるから

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

買取事例

・しっかりとしたダイヤモンドの査定ができるから

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

買取業者様のご依頼も大歓迎です

・しっかりとしたダイヤモンドの査定ができるから

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

最上部へ最上部へ

お問い合わせはこちらから