遺品整理・生前整理特集企画

処分されたくないものを処分された時の対応

大切なご遺品を、依頼した遺品整理業者に勝手に処分されてしまった場合、どのように対応すべきなのかをご紹介いたします。

ご遺品が返還される可能性もありますので、処分されてしまった後は泣き寝入りせずに、悪徳業者に対抗しましょう。

 

慰謝料請求

ご遺品を勝手に処理されてしまった場合は、慰謝料請求が可能です。

金銭的な価値があるご遺品はもちろんのこと、金銭的な価値がないものでも、勝手に処分されたことは「精神的損害」になるため、慰謝料を請求できます。

 

また、処分の方法が廃棄だった場合は、器物損壊罪が成立する可能性があります。

他人の物を破壊または傷害する行為は、器物破損罪とされているため、廃棄されてしまったものによっては適応される可能性があるでしょう。

 

遺品整理協会・遺品整理士認定協会などに通報

業者が誤ってご遺品を処分してしまう場合もありますが、意図的に処分された場合や、ご遺品を破棄してしまったのに謝罪や説明がないなどの悪質な対応を受けた場合は、遺品整理士協会や遺品整理士認定協会に通報しましょう。

悪質な業者の登録を抹消することで、他の利用者への被害を防ぐことができます。

 

返還請求

悪徳業者により、腕時計やアクセサリーなど、価値が高いご遺品を勝手に売却されてしまうかもしれません。

もしも、勝手に処分されてしまった物が店舗などで販売されていた場合、売却されたときから2年以内であれば、返還請求を行うことができます。

請求先は現在ご遺品が販売されている店舗で、店舗に在庫があれば無償で返還してもらえます。

 

そもそも勝手に処分する会社に頼まない

当然のことですが、勝手に処分するような業者に依頼をしないのがベストです。

依頼する業者のことは、事前に利用者レビューを読むなどして確認しましょう。

 

遺品整理の業者選びについて、具体的にはこちらの記事でご確認ください。

「遺品整理業者選びはこれが決め手!」

 

遺品整理や生前整理の際は、遺品整理想いてにお気軽にご連絡下さい。

最上部へ最上部へ

お問い合わせはこちらから